「ブッタとシッタカブッタ3なあんでもないよ」の書評

こんにちは、めいめいです。

今日は私の原点とも言える本を紹介したいと思います。

初めて読んだ時はまだ漢字が読めなかったので、母に読み仮名を振ってもらって読んだ記憶があります。

本というよりほとんど漫画なので、当時は絵本だと思って読んでました。

でもこの本の言っていることについて本当に理解したのは高校生くらいでしたね。

流石に幼稚園児には早すぎました。

この本をおすすめ

  • ネガティブに考えてしまう人
  • 悩み事がある人
  • ちょっと精神的に疲れてしまった人
  • 考え方を柔軟にしたい人

物の見方や、人の考え方について書かれている本です。

少しわかりにくい部分もありますが、基本は4コマ漫画なのでさらっと読めます。

辛いときに自分を見つめなおし、その根本を解決する手助けをしてくれます。

本について

タイトル

ブッタとシッタカブッタ3 なあんでもないよ

出版社

KADOKAWA

著者

小泉 吉宏

価格

電子書籍:1045円

悩めるシッタカブッタが、ブッタに問いかけられながら悩みの根本を考えていくストーリー。

特定の悩みを解決するのではなく『悩みがなぜ発生するのか』を追求していくことで、最終的には自分は何なのかを考えていくことになります。

そのまんまでいいよ、これが理解できたならこの本を読まなくてOKだよ。

冒頭部分

「宗教の本ではありません」と書いてありますが、仏教の教えが多く入っています。

ブッダ役のブッタに対して、シッタカブッタは私たちの一面を象徴したキャラクターです。

ブッタの案内によって悟りの境地を垣間見ることで、問題の見方を変えます

悟りというと難しく感じますが、順序立てて物語が進んでいきますし、シンプルな四コマ漫画なのでとてもわかりやすいですよ。

この本は読みながら自分の心の中を旅をして、初めて意味のあるものになります。

ありのまま、感じるのが一番大事ですから。

ぜひ読んでみてほしいです。


感じたこと

言葉の不確かさ

生き物を解剖して、解剖して、解剖して、調べても命そのものは見えてこない。

言葉の意味をさぐっても自分そのものは見えてこない

自分を表現しようとすると、名前や性格、肩書きがまず出てきますよね。

でも自分は名前でもないし、性格でもないし、ましてや肩書きでもないはず。

言葉で表現できる自分はほんのごく一部。

だからそこだけに注目する必要はないんだなと思います。

そう考えるとブログってとても難しいなと思いました。

伝えられるメッセージは言葉と少しの画像。

言葉にどれだけ自分を乗せられるか、が大事なのかもしれません。

初めての記事にするには難しすぎました。(笑)

うそとほんとうはない

良く本当の自分という言い方をするけど、ある面が本当の自分でいつもの自分は嘘の自分なんだろうか。

幸福と不幸が別々ではなく対で生まれるように本当の自分を作ると嘘の自分が出来上がる

本当とか嘘とか気にしないとまるごとただの自分がいることに気づく。

表裏一体というか、表がなければ裏もない。

うその自分なんて作らず、まるごとの自分に気づくのは自己愛につながるのだと思います。

もしうその自分がいるならそれは辛いことだから、さよならしてしまいましょう。

うその自分も自分の一部なのですから。

それは消してしまわなくてもいい部分だと思います。

何者にでもなれる

何者でもないということは何者にでもなれる可能性があるということ。

何者でもないということに気づいたら何者になってもいい。

いつでも何者でもないことを知っているから大丈夫。

何者でもないことを体で覚えておかないと自分で作った何者かにふりまわされる。

自分には無理だと考えてしまうこととかありますよね。

でも自分で枠を決めてしまうと自分で可能性を狭めてしまいます。

私もよく線を引いてしまいますが、それってもったいないなと思うようになりました。

何でもできるのに、線に縛られて何もできないのはそれは辛いですよね。

やりたいことをたくさんやれるよう、よい人生にできるようにしたいです。

まとめ

私たちはそのまんまでいいんです。

悩んでる自分、楽しんでる自分、弱い自分、強がっている自分などなど。

ポジティブな面もネガティブな面も自分全部ひっくるめて自分です。

人は偏った見方をしたり何かを決めつけてしまいがちですが、それは人のくせだからしょうがないこと。

辛い時や悲しい時に自分で自分を苦しめていませんか?

誰かと比較したり、自分の気持ちと裏腹なことを無理にしていませんか?

自分の心から自分を自由にしてあげると、すこしだけ楽になるはずですよ。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA