絶叫マシン初心者、富士急ハイランドへ行く

こんにちは、めいめいです。

本日は富士急ハイランドの絶叫マシンについて語ろうと思います。

私の絶叫レベルはディズニーランドの乗り物ならほどほどに楽しめる程です。

そんな私が絶叫マシンの宝庫『富士急ハイランド』に行き、さまざまな乗り物に乗りました。

そこでメジャーな絶叫マシンを怖くない順にランキングしてみました。

絶叫マシンが苦手な方はぜひ参考にして、攻略していってください!

またこちらの絶叫マシン初心者の怖くない乗り方も参考にどうぞ。

富士急絶叫マシン怖くないランキング

1位 ナガシマスカ

2位 ドドンパ

3位 ええじゃないか

4位 高飛車

5位 FUJIYAMA

番外編

1位 ナガシマスカ

富士急ハイランドの癒し(ただしすごく濡れる)

簡単なシートベルトをつけてドンブラ流されていくアトラクションです。

速さは出ますが、高さはないため安心して乗れます。

怖いポイントはカッパを着ないとびしょ濡れになること。

すわる席によりますが、前からも上からも背中からも水が襲ってきます。

カッパは持参しなくても並んでいる途中に販売機があるので安心です。

一つ気をつけることは近くにあるクール・ジャッパーンに間違えて乗らないこと。

見ればわかりますがこっちはスピードと速さが格段に違いますので相手にしてはいけません。

2位 ドドンパ

とにかく速い。

頭も身体もスピードで押さえつけられます。

ロケットに乗ったらこんな感じなんだろうなと思います。

スタートのカウントダウンが終わってもすぐに進まないですが、気を抜いてはいけません。

不用意に動くとそのあとが辛くなります。

富士急最速なだけあって、終わるのも圧倒的に速い。ありがたいです。

怖いポイントは速すぎて身動きが取れなくなること。

心と身体の準備をしておけば大丈夫です。

3位 ええじゃないか

とにかくよく回る。

絶叫マシンで靴を脱ぐように言われると絶望感が増すのは私だけ?

ええじゃないかは回転系のコースターなので靴を脱ぎます。

出発後、空を見ながら後ろ向きに進み、最初に軽く頭から落ちます。

その後1回転してスカイダイビングのような体制で落ちていき、本線がスタートです。

横回転もあったりしますが、途中から自分になにが起こっているのかよくわからなくなります。

怖いポイントは足がぶらぶらしていること。

足をぶらぶらしながら空を見て登っていると、現実離れしすぎて恐怖を感じます。

目を閉じているとただでんぐり返しをし続けているようであまり怖くない、かもしれません。

(個人差があります)

4位 高飛車

暗闇の中でいきなり加速するいたずらっ子。宙返りが大好き。

スタート直後に暗闇の中を高速で走り、外のエリアへ。

それが終わると建物の中に入るのでもう終わったのかと錯覚します。

もちろん終わらないし、メインの始まり。

空を見ながら直角に登っている間、なぜこの乗り物に乗っているのかと思わず考えます。

登り切った後は121度えぐり落ちです。

落ちた後もコースターは続きますが、えぐり落ちのインパクトが強すぎてもはや怖くなくなります。

怖いポイントは高さ+角度です。

頭からかぶるタイプの安全バーなのですが、えぐれる際に安全バーへ体重が移動する瞬間がたまらなく怖いです。

5位 FUJIYAMA

やっぱり王道、その一言に尽きます。

スタート後、頂点まで登ってもすぐに落ちたりはしません。

富士山の景色を楽しませてから恐怖のどん底に突き落としてくるのです。

コースターそのものの高さもあり、スピードもあり、途中に浮遊感もあります。

普通のコースターを最大限に強化しているイメージ。

怖いポイントは安全バーが膝元にしかないこと。そのため上半身は割と自由です。

いや、もうガッチガチに固定して守ってほしいと心の底から思います。

あとは走行中に骨組み部分に頭がぶつかるんじゃないかとヒヤヒヤします。

ものすごいスピードで迫ってくる鉄骨には、当たらないと分かっていても、避けようとしてしまいます。

番外編

主要コースター以外にもいろいろ乗ったので参考になればと思います。

トンデミーナ

靴を脱いで乗るので絶望感あります。

横回転がすごいのはもちろん、地面が迫ってくる感覚と空に飛ばされる感覚が交互にきます。

番外編では一番怖いと思います。

遠心力がかかる感じが強いので、乗り物酔いしやすい人は注意した方がいいと思います。

鉄骨番長

高いブランコに乗って、気分はハイジ。

シートベルトが簡易すぎてちょっと驚きます。

他の絶叫系を乗った後だと、急に落ちるんじゃないかとか不必要な心配をしがちです。

テンテコマイ

がっつりホールドして飛ぶので、鉄骨番長よりも安心感がありました。

そこからくるくる回るかどうかは個人の自由なので、チャレンジしてもいいかもしれません。

私も一回転くらいと思いましたが、力が入らずハンドルがうまく動かせませんでした笑

終わりに

富士急ハイランドは怖いところです。

絶叫マシンが苦手な方は十分に注意してくださいね。

ちなみにこの全制覇をしたのは2019年8月です。

参考になれば幸いです。

末筆ながらめいめいは(こんな文章を書いていますが)富士急ハイランドを応援しています!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA