広島駅から大久野島へのアクセスを徹底解説

こんにちは、めいめいです。

今日はペットショップに行って動物に癒されていました(^▽^)

という訳で皆さんもうさぎの楽園「大久野島」に行って癒されましょう!

→「うさぎの楽園「大久野島」の魅力

今回は広島駅から大久野島までの行き方を紹介します。

広島駅から大久野島まで行くには結構距離があるので、大きく3つのルートがあります。

どのルートが良いかと言えば、「何時に大久野島に着きたいか」によって最適なルートが変わります。

行く当日の時刻表をよく調べて、自分たちに合ったルートでうさぎに会いに行きましょう。

もし移動手段の時間に合わせて行動できるならば、私はバスで行くのを一番おすすめしています。

ちなみにこの記事は2021年3月時点の情報になります。

大久野島に一番近い駅、忠海駅

そもそも大久野島は島ですので、歩いていくことはできません。

広島駅から大久野島まで行くためには、忠海港(ただのうみこう)を目指す必要があります。

忠海港から出ているフェリーを使って島まで移動します。

忠海港の最寄りの駅はJR呉(くれ)線、忠海駅です。

駅から港まではおおよそ5分で着きます。

Googleマップより

お土産屋さん兼チケット販売所(地図のうさぎの思い出)で乗船チケットを購入し、フェリーに乗ればそこはもう大久野島です。

フェリー情報

忠海駅から大久野島まで

所要時間

約15分

料金

片道大人310円、小人160円

時刻表

大三島フェリー公式ホームページより

ルート①広島駅から高速バスを使用していくパターン☆おすすめ☆

乗り換え回数:なし

所要時間:1時間30分

料金:1390円 (小児:695円)

広島駅から忠海駅(竹原・忠海)まで高速バスが出ています。

芸陽バスのかぐや姫号といいます。

直通=一本で行けるのでとっても便利

バス側面にかぐや姫が描かれているのですぐにわかります。

乗車予約は不要です。

私は広島駅南口の13番乗り場で乗車し、港まで行きました。

現在の情報と異なっている可能性もあるので、南口にある交通案内所をよく確認してからバス停に向かいましょう。

メリット

  • 乗り換えがなくて楽
  • 1番乗車時間が短い
  • 高速バスなのでトイレがついている

デメリット

  • 予約できないので満席だった場合は乗れない
  • おおよそ1時間に1本の運転間隔

とにかく簡単に行くのであればこれが最もわかりやすいと思います。

バス停も交通案内所に聞けばすぐにわかりますし、バス自体もわかりやすかったです。

満席に対するリスクは、時間に余裕を見てバス停に並べば大丈夫だと思います。

②広(ひろ)駅経由での電車で行くパターン

乗り換え回数:1回

所要時間:最短で約1時間50分(広駅行きの呉線では快速を使用)
広島駅から広駅まで快速で45分、広駅から忠海駅までは1時間5分

料金:ICカードで1320円

広島駅から電車を使用して移動する行き方ひとつめ。

バスよりも少しお安いです。

広島駅から呉線の快速安芸路ライナーを使って広駅に向かいます。

快速ではなく普通電車に乗ってしまうと1時間ほどかかってしまうので注意してください。

メリット

  • 料金が安い
  • 長距離電車のためトイレがついている

デメリット

  • 乗り換えがあり、本数が多くないので乗り継ぎに時間がかかる。
  • 最大40分くらい待つことになるので約2時間30分まで伸びてしまう。

呉駅は近くに大和ミュージアムや海上自衛隊呉資料館があるので、観光地としても魅力があります。

大久野島と半日ずつ見学したいときにはこちらを利用してみてはいかがでしょうか。

乗り換えに関しては、呉駅が小さな駅なので難しくないと思います。

料金は安いですが、最速で行ったとしても高速バスにはかないません。

③三原駅経由での電車で行くパターン

乗り換え回数:1回

所要時間:最短で約1時間50分
広島駅から三原駅まで山陽本線で約1時間45分、三原駅から忠海駅までは約20分

料金:ICカードで1320円

広島駅から電車を使用して移動する行き方ふたつめ。

開始駅と終着駅が同じであるため呉駅経由と値段は同じですね。

特に快速などもないので安定して電車に乗れます。

乗り換え時間によって大きく左右されてしまうのは呉駅経由同様。

呉駅経由と違う大きな点は、山陽本線の代わりに新幹線のこだまを使うことができる点です。

新幹線に乗ると条件は以下になります。

乗り換え回数:1回

所要時間:最短で約1時間15分
広島駅から三原駅までこだまで約30分、三原駅から忠海駅までは約20分

料金:1520円∔自由席990円=2510円

メリット

  • 料金が安い
  • 長距離電車のためトイレがついている
  • 新幹線を使うこともできる(その場合は料金UP)

デメリット

  • 乗り換えがあり、本数が多くないので乗り継ぎに時間がかかる
  • 最長時間は呉駅よりも長めの60分待つことも

基本的には呉駅経由とそこまで変わらない印象です。

新幹線で時短になるのはよいのですが、乗り換えがうまくいかないときはとことんうまくいきません。

事前の時間調検索が重要になります。

まとめ

私は多少時間を合わせても、バスで行くのが一番安全じゃないかと思います。

何より乗り換えもなくて安心ですからね。

帰りは三原駅経由の電車を使用しましたが、40分乗り換え待ちの所を、無理矢理1分で乗り換えました。(笑)

小さなお子さんやご年配の方ですとそういうことも難しいと思うので、よく電車の時間を調べてみてください。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA