ブログ初心者さんへ アドセンス広告が貼れない時はWAF設定を疑え!

こんにちは、めいめいです。

先日アドセンスに合格しまして、晴れて広告をつけることが可能になりました。

「価値のない広告枠」を改善してアドセンス合格しました

ところが手動でコードを貼り付けようとするとどうしても上手くいきません。

コード貼り付けて、保存ボタンを押すと更新マークが永遠にクルクルするんです。

泣く泣く自動広告にしましたが、やっぱり変な箇所に広告が出るからなんとかしたい!

問題はホームページではなく、サーバーにありました。

サーバーにはパソコンのアンチウイルスソフトのように、外部の攻撃から守ってくれる設定があります。

Web Application Firewall、通称WAF(ワフ)です。

WAFは、Webアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃へ対するセキュリティ対策のひとつです。

ネットショッピングやゲーム、インターネットバンキングなど、顧客情報やクレジットカード情報に関するデータのやり取りが発生するWebサービスが保護対象となります。

JBS

ハッキングが当たり前の時代ですからね。

web上にあるブログにセキュリティがないのは致命的すぎますものね笑

こんな時にも試してみる価値あり

私の場合はアドセンスの広告コードを貼り付け問題の解決に役立ちました。

しかし他の場面でもWAFを変更すると解決することがあるようです。

ログインできない時

他のコード(アナリティクス、サーチコンソールなど)が入れられない

プラグイン設定が変更できない

どれもホームページの構成を大きく変更することができる時に起こっていますね。

サーバーさんはよく頑張っているんですね、ありがとう!

サイト全体のWAFをオフにする

とりあえずサーバーにアクセスします。

私はConoHaWINGを使用しているので、順番に開設したいと思います。

確かなことは言えませんが、ほかのサーバーを利用していたとしても基本的にはサーバ、サイト管理、セキュリティの中にある項目だと思います。

手順

トップページ表示後、「WING」をクリック

左メニューの「サイト管理」をクリック

中央に変更したいサイトが表示されているか確認して、「サイトセキュリティ」をクリック

画面右の中央上タブから「WAF」を選択

利用設定の「OFF」をクリック

ワードプレスに戻ってやりたいことをする(ログイン、コードの入力など)

 

もう一度サーバーにアクセスし、利用設定の「ON)をクリック

もう一度WAF設定がオンになりました

せっかく解除したのに戻すのかい!つっこんだ人もいると思います。

しかしWAF設定をオフにしておくことは自分のサイトを危険に晒すことになります。

面倒でも元に戻したほうが自分の大切なブログを守ることにつながりますよ。

一部のみWAFを解除する

いやいや、サイト全体のセキュリティをオフにするのは怖い!

そんな方は一部除外を選択することもできます。

手順

トップページ表示後、「WING」をクリック

左メニューの「サイト管理」をクリック

中央に変更したいサイトが表示されているか確認して、サイトセキュリティをクリック

右の上のタブから「WAF」を選択

表示切替の「ログ」を選択

エラーの出たURLと一致する攻撃ターゲットURL欄の左にある「除外」をクリック

確認画面で「はい」をクリック

ワードプレスに戻ってやりたいことをする(ログイン、コードの入力など)

 

もう一度サーバーにアクセスし、表示切替の「除外中」を選択

右の方にある「ゴミ箱マーク」をクリック

確認画面で「はい」をクリック

除外設定をオフにできます

そのまま解除しておくのは、サイトを守るためにはやはりおすすめできません。

たとえ一か所のURLだったとしても、その穴をついてくる悪い人は存在します

できる限り戻すようにしましょう。

まとめ

Webページを運営するのには色々な知識が必要ですね。

知っていればなんでもないようなことでも、何時間もかけて調べないとわからなかったり…。

原因を特定するのに正直、半日くらいかかりました。笑

そして解決策を講じると簡単にできてしまうので思わず脱力です)^o^(

ですが、この積み重ねが自分の経験と知識になっていくのだと前向きに捉えたいと思います。

ブログ初心者のみなさん、一緒に頑張りましょうね!

お疲れさまでしたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA